FC2ブログ

日本純文学

みなさま!おはようございます
おっさんの【よっしー】でございます


日本文学をこよなく愛するこの私

家庭内ではインテリとして広く知られております

さて先日のお休み 行きつけの書店(ブックオフ)にて

昭和30年代に出版された【志賀直哉集】を発見

見るからに歴史を強く感じさせる書籍で  う~ん欲しい!

売価は1500円 私は老眼である!

1500円なら安い これなら買いだ!

さっそく手に取り足早にレジへと

レジのババーに本を手渡し ピッ 15000円になります

いま何と言った このババー

思わず ハッ?

ババーが私の純粋な心をたたみかけるかのように 15000円です!

勝負あり  ババーの勝ちだ!

いい歳をこいたおっさんが

今更 値段の桁を間違えたなどと口が裂けても言えない

私のプライドがどうしても許さない

かなり心が動揺し目は泳いでいたと思われるが

平静を装いお支払い

ニッコリと笑顔でお買い上げでございます!

お金を渡す私の手が微妙に震えていたのを ババーは感じただろうか

純文学には金が掛かるものだ

とってもいい買い物ができた アッハッハッハ~ ア~ァ

支払いを終えた私の小銭入れの中には

野口英世が描かれたお札が一枚残るだけであった



【志賀直哉】 1883年(明治16年)2月20日 - 1971年(昭和46年)10月21日) 日本の小説家
L3234080002641614.jpg

大正4~13年(1915~1924)まで我孫子市に住み

志賀直哉が住んでいた場所で『城の崎にて』『暗夜航路』といった

日本文学史を飾る数々の名作を世に送り出した

白樺派の同人をはじめ 芥川龍之介や岸田劉生なども訪れ

芸術家のサロンのような趣を呈していたという



さ~本日ご紹介するオズっ娘は!

【めいちゃん】19歳 T150 B84(E) W58 H86

めい1バストアップ

あどけなさが残る、可愛くてとても素直な性格の礼儀正しい女の子☆彡

明るく話しやすい雰囲気で、気分も盛り上がる事でしょう

Eカップの美巨乳に包まれてヨシ!

挟まれてヨシ!

まだ、光り輝く夢見る乙女は、サービスも満点☆至れり尽せりのサービスです♪(^^)

皆さまからのお電話をお待ちしております



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]